卵焼きとは

卵焼きとは

卵焼き(玉子焼き)は、文字通りで読めば、卵をフライパンで焼けばなんでも「卵焼き」ということになりますが、厳密な意味ではそうではありません。
たとえば、デジタル大辞典には次のようにあります。

 

たまご‐やき【卵焼(き)】 の意味
鶏卵をかきまぜ、調味料やだし汁で味つけをして焼いた料理。また、それを作るための底の浅い四角い鍋。

 

コトバンクでは次のようにあります。

 

たまごやき【卵焼き/玉子焼き】
@卵を溶き、調味料を加えて焼いた料理。薄焼き卵・だし巻き卵などがある。
A「@」を作るための四角くて浅い金属製の鍋。
出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について

 

そしてWikipediaではもっと厳密に記しています。

 

卵焼き
卵焼き、玉子焼き(たまごやき)は、溶いた鶏卵を調理器具で焼きながら巻いて筒状にした日本料理(和食)。弁当の定番の惣菜であり、家庭料理の一つで日本独特の調理法である。「厚焼き卵」とも呼ばれる。

 

つまり、辞書的な解釈をすれば、「卵焼き(玉子焼き)」とは和食で出てくる「だし巻き卵」あるいは「厚焼き卵」と呼ばれる料理であって、たとえ「卵」を「焼いた」料理だとしても、スクランブルエッグや目玉焼きには使ってはいけないということになります。

 

ところで、英語で「卵焼き」はどう呼ぶのでしょう。
英語で「卵」を「焼いた」あるいは「熱した」料理は、scrambled egg = スクランブルエッグ、omelet or omelette= オムレツ、poached egg= ポーチドエッグ(落とし卵)、fried egg= 目玉焼き、boiled egg = ゆで卵の5種類が一般的で、日本の「だし巻き卵」「厚焼き卵」に相当する料理はないようです。
確かに「お出し」がなければ作れませんからね。

 

卵焼き器

 

さて、この「卵焼き」を作る専用の調理器具が卵焼き器です。これは普通のフライパンのように丸くありません。角形の形をしており、そのほうが「焼いて」「巻いて」といった調理がやりやすいのです。
実際の作り方やコツはそれぞれいろいろな「流儀」がありそうです。クックパットの卵焼きレシピのリンクを貼っておきます=リンク

関連ページ

ほっともっとのメニュー
ほっともっとのメニュー情報をプチリサーチしてお届けするサイトです。
出前館
出前館の情報をプチリサーチしてお届けするサイトです。
蒙古タンメン中本
蒙古タンメン中本情報をプチリサーチしてお届けするサイトです。